J・G・バラード/浅倉久志ほか/東京創元社

いまさら、という感はありますが旧年来のファンとしてはありがたい…まぁ大体読んでるんですけどね。
それでも殆ど忘れているモノもあって、楽しんで読めました。しかし、今の読者にはウケないだろうなぁ…

【2017/03/18 19:50】 | SF
トラックバック(0) |
倉橋 由美子/小池真理子選/文藝春秋社

60年代的な流行から遠いにもかかわらず、祭り上げられていたとのことですが、まぁ、毒を吐かれて居た対象(人達)が理解できなかったんだから…しかも今も変わらずというか、時代を先取りしていた のではなく 対象が進歩していない どころか 退化している のだから、どうしようも無いですねぇ。

とりあえず完全版の作品集を希望。もちろん作品は旧かなで。

【2017/03/18 19:46】 | 一般
トラックバック(0) |
久井 諒子/ビーム・コミックス

覚悟していたよりずっと早く4巻が出て嬉しい限り。
炎竜との決戦ですが、ミスリルの包丁とは凄いんだかなんだか…さっくり刺さるのは流石ですが、さて。

【2017/03/18 19:39】 | コミックス
トラックバック(0) |
ジャック・ヴァンス/中村 融/国書刊行会

第2回も無事に出ました! いやぁびっくり…というのは失礼かな。

名前だけは知っていたシリーズが読めて嬉しい限り。しかし、こんなコミカルな話だったとは…しかもラストがこれではねぇ…。
やはりC・A・スミスを連想するんですが、この切れ味はヴァンスならではという気がします。

【2017/03/18 19:33】 | 剣と魔法
トラックバック(0) |
国書刊行会(若島 正+横山茂雄)

題名のシリーズの広告用小冊子。

いやぁ、こんなに魅力的な紹介をされてしまっては、読むしか無いのか…とはいえ、そうそう手が出せるモノじゃないし。

【2017/03/18 19:29】 | 怪奇と幻想
トラックバック(0) |
工藤美代子/角川書店

題名の酷さは、もうどうしようも無いですねぇ…

一応、怪奇譚なのかな…まぁ、こういうことに興味を持っている人で無ければ、ノンフィクション作家では居られないのかも知れません。

【2017/03/18 19:26】 | 怪奇と幻想
トラックバック(0) |
星 一/新潮社

かの星新一さんのお父様、星一氏のSFというか広告というか願望というか。
全部自力でというわけではなく、おそらくアイデアとかストーリーとか設定とかを元に、江見氏が小説化したものなのでしょうが、それにしてもまぁ、ポジティブというかなんというか、暗黒面の無い「すばらし新世界」という感じですかね…

【2017/03/18 19:20】 | SF
トラックバック(0) |
マンジット・クマール/青木 薫/新潮文庫

訳者に惹かれて購入。
一応、量子力学を舐めた身としては読むまでも無いかなとか思ってたんですが、とんでもない。
名前だけ知っていた巨人達について、こんなに興味深く読ませてくれるとは…量子物理学の息吹を感じさせてくれる良書でした。

しかしまぁ、これが核兵器の開発につながると思うと、なかなか複雑な気もします。

【2017/03/18 19:13】 | 科学・宇宙
トラックバック(0) |
△週末のイゼッタ
 最後の方は超科学すぎでしたね。あと、周辺国とは軍事力に随分差があったようなのに、攻防の期間が腑に落ちないというか。

●魔法少女育成計画
 「魔法少女」って何。まぁ深夜枠だしね…

◎響け!ユーフォニアム2
 名作。流石、京アニというべきなんでしょう。高音質で視聴するのをお薦めします。

○三月のライオン
 シャフト製作で、この声優陣で、正直ちょっと不安でしたが、そんなことはありませんでした。とりあえず半年はやるようです。

○ジョジョの奇妙な冒険 第四部 ダイアモンドは砕けない
 「狩り」の話から視聴開始でしたが、これだったら、ちゃんと最初から観ればよかった…それにしても、もう18年も前の話になるのか。

【2017/01/21 12:56】 | 映画・テレビなど
トラックバック(0) |
畠中 恵/新潮文庫

15周年にもなるんですねぇ…。
それぞれの行く末が見えてきたような、そうで無いような。

それにしても、こちらの妖はお優しいかぎり。

【2017/01/21 12:37】 | ミステリー
トラックバック(0) |