クルツィオ・マラパルテ/手塚和彰、鈴木 純/中公選書

結構前に別の本の中で引用されていたのを見て以来、探してはみたものの絶版で古本すらなかなか手に入らず、あきらめていたところに新訳での再登場。名著は滅びずってところでしょうか。

思っていたのとはちょっと違っていましたが、なかなかに読み応えが在りました。本来なら、政治学などで読ませるべき著作と思いますが、どうして絶版になっていたのやら。そういう系統って、ヒトラーやムッソリーニを批判することが好きそうな人達が多いイメージがあるんですが、やはりスターリンに対する評価が、いけないのかもしれません。

「かつてソヴィエト革命の礼賛者となり(略)中国の礼賛者となり(略)北朝鮮に範を見出し(略)「慰安婦問題」等を持ち出して日本の戦争責任の論究者に変わる。かくなる変幻自在の姿を見せた日本の左派は、いま言説に説得力を失いつつあるようだ」…訳者あとがきより

いや、お優しいことで。


なにせ「左派」などというものはとっくの昔にほぼ消滅し、「左翼」はもちろん「サヨク」ですらなく「パヨク」ですからねぇ。

【2017/04/15 16:51】 | 歴史・人文
トラックバック(0) |
バリントン・J・ベイリー/大森 望、中村 融/ハヤカワSF文庫

往年のSFらしい短編集。やはり賞を取ったという「蟹」の話が一番面白かったですね。

【2017/04/08 17:25】 | SF
トラックバック(0) |
乾石 智子/創元推理文庫

上等の素材を使用した和菓子といった趣で、美味しいのは間違いないんですが。

【2017/04/08 17:23】 | 剣と魔法
トラックバック(0) |
塩野七生/新潮社

民主制が容易に衆愚制に堕ちる恐ろしさよ。

自業自得な面もあるんですが、なかなか教訓として生かせないのも、また人間なんですかねぇ…

【2017/03/18 19:58】 | 歴史・人文
トラックバック(0) |
ジャック・ヴァンス/浅倉 久志編/国書刊行会

「未来の文学」と言うには古すぎるような気もしますが、作品内容は古びてないのが流石です。
やはり「月の蛾」は傑作ですが、その他の作品も傑作揃いでした。

【2017/03/18 19:54】 | SF
トラックバック(0) |
J・G・バラード/浅倉久志ほか/東京創元社

いまさら、という感はありますが旧年来のファンとしてはありがたい…まぁ大体読んでるんですけどね。
それでも殆ど忘れているモノもあって、楽しんで読めました。しかし、今の読者にはウケないだろうなぁ…

【2017/03/18 19:50】 | SF
トラックバック(0) |
倉橋 由美子/小池真理子選/文藝春秋社

60年代的な流行から遠いにもかかわらず、祭り上げられていたとのことですが、まぁ、毒を吐かれて居た対象(人達)が理解できなかったんだから…しかも今も変わらずというか、時代を先取りしていた のではなく 対象が進歩していない どころか 退化している のだから、どうしようも無いですねぇ。

とりあえず完全版の作品集を希望。もちろん作品は旧かなで。

【2017/03/18 19:46】 | 一般
トラックバック(0) |
久井 諒子/ビーム・コミックス

覚悟していたよりずっと早く4巻が出て嬉しい限り。
炎竜との決戦ですが、ミスリルの包丁とは凄いんだかなんだか…さっくり刺さるのは流石ですが、さて。

【2017/03/18 19:39】 | コミックス
トラックバック(0) |
ジャック・ヴァンス/中村 融/国書刊行会

第2回も無事に出ました! いやぁびっくり…というのは失礼かな。

名前だけは知っていたシリーズが読めて嬉しい限り。しかし、こんなコミカルな話だったとは…しかもラストがこれではねぇ…。
やはりC・A・スミスを連想するんですが、この切れ味はヴァンスならではという気がします。

【2017/03/18 19:33】 | 剣と魔法
トラックバック(0) |
国書刊行会(若島 正+横山茂雄)

題名のシリーズの広告用小冊子。

いやぁ、こんなに魅力的な紹介をされてしまっては、読むしか無いのか…とはいえ、そうそう手が出せるモノじゃないし。

【2017/03/18 19:29】 | 怪奇と幻想
トラックバック(0) |