松尾由美/創元推理文庫

とにかく、「安楽椅子」探偵って設定が秀逸。
ただ、最後の話と過去の経緯については、ちょっとうまくないかも。

p_53a.jpg


【2005/12/04 23:59】 | ミステリー
トラックバック(1) |


霏々剌々
大変遅くなりましたが、コメントおよびトラックバックを頂き有難うございました。


藍色
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
大変遅くなりましたが、コメントおよびトラックバックを頂き有難うございました。
2009/12/26(Sat) 17:19 | URL  | 霏々剌々 #-[ 編集]
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
2009/12/02(Wed) 16:32 | URL  | 藍色 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
骨董屋の店先から小学生・及川衛の家にやって来た椅子が、口をきいた。 しかも、口を開いた途端シャーロック・ホームズばりの推理を披露し始...
2009/12/02(Wed) 16:15:58 |  粋な提案