◎宇宙よりも遠い場所
 個人的には今季のベスト。実に素晴らしい作品でした。脚本、演出、映像、演技の全てが噛み合って、(非現実的というのは大袈裟ですが)あり得ないような話を巧く見せてくれて満足感いっぱいです。

○三月のライオン(2期)
 将棋の話も交えつつ、やはり主人公たちの話が主軸ですよね。
 それにしても、現実が超えつつあるのは、もう何ともしがたいですねぇ。

○カードキャプターさくら・クリアカード編
 20年経っているのに、みんな声が変わって無くてびっくり(まぁ、お一方は鬼籍に入られてしまったので…これもまた時間の流れを感じてしまうと言うか、無常というか)。相変わらずバンクが効かない設定ですが、それでもCGはあちこちのシーンで使われているようですね。
 しかし劇中1~2年ほどなのにIT関係機器の充実というか進化が凄まじい。

●ポプテピピック
 問題作。映像作品として全力で無駄なことをしているのは評価できるし嫌いじゃ無いんですが、もう一度見たいかと言われるとちょっとどうかな…。

▲ヴァイオレット・エバーガーデン
 映像はさすが京アニでしたし、個別エピソードはまぁまぁ面白かったんですが…。

【2018/04/14 21:54】 | 映画・テレビなど
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック