◎メイド・イン・アビス
 絵柄から受ける印象とは随分違う話らしいということで視聴しましたが、素晴らしい背景と凄まじい描写で圧倒されました。
 冒険は途中ですが、しかしこの先を観ることはあるのだろうか…。

◎宝石の国
 素晴らしい映像と(3DCGが設定とばっちり嵌まっていた)、演出と演技で、今季のトップでした。
 しかし、こちらもさぁこれからってところなんですが…

○三月のライオン(2期)
 どちらかというと主人公の周囲の人達の話がメインかも。しかし、このイジメの話は辛いよねぇ。

○魔法陣グルグル
 超速でギリ封印まで。2クールで納められるとは、さすがというか無茶というか。
 原作は随分前に読んだきりですが、それでもあれこれ覚えてるものなんですね…

●鬼灯の冷徹(2期)
 こちらも待望の2期。ミキマキや座敷童の話はOVAだったらしく、あれ?と思うことしばし。まぁ借りるか買うかすれば良いんですが。
 あと、制作会社がかわった所為なのか、どこか違和感がありました。

●ネト充のススメ
 原作者が女性らしいのですが、それも納得かと。
 まぁ、あちらの世界から帰ってこないような主人公ではなかった訳ですが、そうでないと話は進まないですし。

【2017/12/30 16:56】 | 映画・テレビなど
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック