小山田浩子/新潮社

面白そうと思って購入して、つい最近ようやく読了。
思っていた以上にスッキリ読めて、しかもちょっとヘンな話でした。

これも「奇妙な味」ってことになるのかも。

【2017/09/02 09:40】 | 怪奇と幻想
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック