FC2ブログ
佐藤大輔/ハヤカワ文庫JA

急逝してから、もう1年以上経ってしまったんですねぇ…

久々の佐藤節を堪能できたんで満足です。

【2018/03/25 17:13】 | その他
トラックバック(0) |
チャーリー・N・ホームバーグ/原島文世/ハヤカワ文庫FT

主人公が天才すぎるし都合良すぎるし…イギリスが舞台ではありますが、これじゃぁアメリカ製のラノベですね。作者には日本の少女マンガ(できれば70年代後半から90年代前半あたり)を読んで勉強して欲しいです。

いやまぁ、最近の日本の女性向けコミックスの流れで言えば、×というか/な方面で行けば、より背徳感がでて良かったのではとか妄想したり。

【2018/03/25 17:08】 | 剣と魔法
トラックバック(0) |
塩野七生/新潮文庫

エッセイ集。まぁ、賛否両論というところか。
しかしデビュー50年ですか…今後はあまり大物は無いのかもと思うと、哀しいです。

【2018/03/25 17:00】 | 一般
トラックバック(0) |
北野 新太/ミシマ社

最近、何かと話題の多い将棋界の棋士たちの肉声が聞こえるような佳品。
ちょっと独特な熱を持った文体が、素敵でした。

【2018/03/10 15:19】 | ノンフィクション
トラックバック(0) |
アンディ・ウィアー/小野田和子/ハヤカワ文庫SF

古き良き懐かしきアメリカの香り漂う作品。
(解説にもあるように)コメディタッチな西部劇風味をまぶしたハリウッド製SF映画を見るように、一気に読み切るのが吉かと。

【2018/03/03 11:14】 | SF
トラックバック(0) |