ジャック・ヴァンス/浅倉久志・酒井昭伸/国書刊行会

なんと嬉しいジャック・ヴァンス・トレジャリーの第一部。きちんと全巻出るのかは、正直不安ですけどね…。

この作者らしい設定と描写と作品を読めることに感謝。いやまぁ玉石混淆ではありますが。
それにしても、宇宙探偵というかトラブルシューターというかトラブルメーカーというか、数学的な素養もあり観察眼も優れた冷徹な主人公なのに、どうして投資についてはダメなのか。

【2016/07/31 09:04】 | SF
トラックバック(0) |
レンタルDVDにて視聴

冷戦という時代背景を理解してないと、タダの天才と狂気の話でしか無いんですが、対戦相手も狂気に巻き込まれていく(お膳立てする連中はまた別の狂気)のが怖いところ。あっちの盗聴は妄想の産物じゃないのですし。

チェスは公開対局が通常らしいのですが、将棋や囲碁のように対局室を設け他会場で解説する日本スタイルだったら、もうちょっとマシだったかもとか思ったり。いや日本にも人工の滝を止めたり、空調に拘ったりする人はおられますが。

試合というかゲームのシーンの緊張感は流石でした。

それにしても、人間の脳は柔軟で、無限について考えたり何かを創造することはできるけど、あまりに日常を超えた状況については、限界があって耐えきれないのかも。実際、計算というレベルであればコンピューターソフトにゲームにおいては勝てなくなってきている訳ですし。そういう意味では、狂気に陥ってしまった主人公の不幸というか悲しみは、より一層深いのかもしれません。

【2016/07/18 10:13】 | 映画・テレビなど
トラックバック(0) |
日比谷シャンテ

過去の人が現在の文化にまごつく的な笑いは表層で、現在のドイツ政局の批評(左右どちらもというか、むしろネオナチ的な連中の方がバカにされてた気がするんですが)についてのブラックな笑いが主だと思うんですが。例えば「緑の党」を評価するシーンなど笑いどころだと思うんですけどね…wikiレベルで良いから、現在のドイツやヨーロッパの政治情勢についてちょっと調べてるだけで、ずいぶんと違う筈なんですが。

それにしても「ヒットラー最後の12日」の、あのシーンは海外でも有名なんですね。まぁパロディとして使いやすいんでしょうけど。

ドイツ国内の意見を聞いてる所は結構彼らの本音だと思うんですが、食品販売スタンドの女性の不満は、実はこちらでも起こりつつあるというか、特定の集団からの被害を現在進行形で受けているという気がひしひしとします。昔はもっと暴力的だったらしいですし。

【2016/07/18 10:00】 | 映画・テレビなど
トラックバック(0) |
コードウェイナー・スミス/伊藤典夫・浅倉久志/ハヤカワ文庫SF

人類補完機構全短編の第二巻。
どの作品も素晴らしいとしか。

【2016/07/16 23:21】 | SF
トラックバック(0) |
アーシュラ・K・ル・グイン/小尾 芙佐/ハヤカワSF文庫

ハイニッシュ・ユニバースもの6編に2編を加えた短編集。
抑えたトーンで語られる世界の記述が、そして(ご本人は否定されると思いますが)女性的な視線が、とてもこの人らしい珠玉の作品集でした。

【2016/07/16 23:08】 | SF
トラックバック(0) |
◎ふらいんぐうぃっち
 偶然見たら凄く面白くて、作画も演技も素晴らしく、個人的には今期のトップです。原作の良さの上に、アニメならではの動きと音声が良かったのでした。きっと制作者は原作が大好きなのでしょうね。

◎暗殺教室
 こちらも原作の面白さを損なうこと無く、そしてアニメとしての面白さも加味しての傑作。原作者のコントロールの故なのかもですが、それでも出欠のシーンは原作以上にグッと来ます。

△迷家
 監督に期待して見てたんですが、まぁ、脚本というかシリーズ構成がダメだと、どんなに手当てしてもダメになるという見本かも。31人という登場人物数自体がミスリードだったのかもですが、それにしても最後はバタバタだったし。

×くまみこ
 最初の数話は非常に面白くて、このまま突っ走るのかと思いきや、最後のオリジナルとかで壊滅。
 原作を読んでないからこそ言うのですが、出だしはホンワカだけど実は…というホラーなオチであれば、それはそれで凄いでしょう。しかし、だとしたら途中で全く何の説明も伏線もないのは、ダメですね。それが原作にあるのならば、なおさらアニメとしてはどうなのかと。
しかも原作者の発言(既に削除されているようですが)を見ると原作でも違うようですし、本当に協議の上で書いたのであれば、逃げ隠れするような真似はおかしいですね。

 結局、1クールに納めるのに適当に話を作っただけなのでは…もし原作へのリスペクトも何も無く、単に自分のアイデアを付け加えたのであれば、ダメ邦画と同じ病気を今回のスタッフの人たちは持っていると思います。

2016夏アニメですが…結構見るモノが多そうですが、たぶん3話くらいするとついて行けなくて脱落するんだろうなぁ…

【2016/07/16 23:04】 | 映画・テレビなど
トラックバック(0) |