絶賛放映中

やはり脚本というか、話の作り方が抜群に面白いですね。
それはともかく、15話では誰もが思っていた爆弾炸裂。どう考えても戦犯は、あのタヌキが好きそうな編集でしょう…タローが聖人君子に見えるレベルだしねぇ。

とはいえ、原作側と揉めて全てがダメになる話など誰も見ないだろうし、OPから考えても制作まで行うことは間違いないとしても、単なるリテイクでスケジュールが崩れる話は1クール目でやりましたからねぇ。

予想としては、アニメとマンガの絵柄の違いを理解できてない、というところでしょうか。単に原作者に連絡が行ってない(下手するとアニメ化の許可すら)という説もありえますが、こじれさえしなければ(あるいはきちんと時間を持って打ち合わせしていけば)解決できるレベルの行き違いかと思います。

しかし、劇中では時間的な余裕は無い…おそらく、ムサニの総力を挙げて数分程度のパイロット版を製作し、なんとか引っ張り出した原作者を一気にアニメ制作側に持ってくるのではないでしょうか。ヒロイン宮森が今まで仕事で培ってきた人脈と、制作側の実力を結集し、3DCG(それこそ菅野に飛行シーンのレイアウトを依頼するとか)、キャラクター(アニメとしての絵の魅力とか)、音楽、声(急なことなので予定していた方では無く、ずかちゃん登場で原作者が気に入ってしまうとか)、美術、etc

まぁ、予想は予想としても楽しみな作品です。円盤買っちゃおうかな…

【2015/01/24 00:42】 | 映画・テレビなど
トラックバック(0) |
A・E・ヴァン・ヴォークト他/中村 融他/創元SF文庫

宇宙生命SF傑作選
やはりSFは短編こそ、かも。いずれ劣らぬ傑作短編揃い。

【2015/01/04 13:54】 | SF
トラックバック(0) |
皆様、あけましておめでとうございます。

昨年読んだ本は、記録してないものを含めても10冊程度でした。近年、読書する時間が無く非常に悲しいです。月に一冊も無いとは…マンガはそこそこ読んでいるのですが。
なお広義のSF/FT関係が5冊。SF/FT系の比率は大幅に増加しました。やはり興味がある本が優先されるのでしょう。とはいえ、古い作品が多いので最近の傾向などはわかりません。

映画は14本でした。ほぼレンタルDVDですが月一本を上回ったので、良しとすべきかな…個人的には「少女は自転車にのって」と「グランドブダペストホテル」を推薦します。

それでは、ことしもよろしくお願いします。

【2015/01/01 15:26】 | blog
トラックバック(0) |