猫宮 黒埜/東京図書出版

おそらくは著者の方のblogを本にしたと思うのですが、blogそのままらしく、本としてみるとかなり疑問点が。

全体構成にしても、用語にしても、焦点である技術的な解説にしても、これではちょっと…プロの編集者の手が入って無いのでしょう。非常に残念な一冊になってしまいました。

blogならばリンク先あるいは自力で検索した動画で詳しく見ることもできますが、本であれば尚更写真なりイラストなりで解説してあげないと折角の題材が生きないですよね。blogを見ると良く判りますが、取り上げられている題材はかなり重要で深刻なものなんですが…説得力が無くなってしまうんですよねぇ。

ソチ・オリンピック期間でもあることですし、是非各種動画等を参考に、著者のblogを見ながら日本選手を応援したいですね。

【2014/02/08 16:51】 | ノンフィクション
トラックバック(0) |
…うーん…カンバーバッチは、もうちょっと仕事を選んだ方が良いかも。なんと言いますか、格が違うという感が。
それはレナード・ニモイが出てきた時にも感じましたね…。

お話は、まぁ、スタトレのしかも一番最初(なんだっけTOSとか言うんだっけ?)の雰囲気が良くも悪くも出ていて、シリーズの2作目としては及第点だとは思います。でもねぇ。

【2014/02/08 16:39】 | 映画・テレビなど
トラックバック(0) |
あいかわらず展開がぶっ飛んでますね…1stシーズンで、ちょっと匂わせておけば良いのにと思うところは多々ありますが、この尖り方がVVVの真骨頂かも。

それにしても、お姫様が入った機械はなんだろね。まるっきり拷問器具みたいですが、ルーンを吸い取る機械とか?

【2014/02/08 16:31】 | 映画・テレビなど
トラックバック(0) |