あおやぎ孝夫/ゲッサン少年サンデーコミックス

c_747.jpg

暁終了後、サンデーからゲッサンに移動して新連載開始。やれやれです。

今回はうってかわって少年マンガのもう一つの面を強調…といえば聞こえは良いけど、いくら何でもという描写も多々あり。
正直、都条例が改正されていたら確実に発禁処分対象でしたねぇ。

【2010/03/28 22:00】 | コミックス
トラックバック(0) |
犬村小六、小川麻衣子/ゲッサン少年サンデーコミックス

c_746.jpg

本誌立ち読みで絵が気に入ったので購入。とはいえ、こういう戦闘モノには向いてないとは思いますが。

設定と話は…まぁ、どっかで見たような感じだけど、原作がライトノベルスだからそういうモノなのかも。

【2010/03/28 21:56】 | コミックス
トラックバック(0) |
椎名高志/少年サンデーコミックス

c_745.jpg

がんばれセルリアン(苦笑) あと、ファントム・ドーターの秘密とか

けいおんネタは、まぁねぇ…

【2010/03/28 21:49】 | コミックス
トラックバック(0) |
田辺イエロウ/少年サンデーコミックス

c_744.jpg

管理者出現で歯車破壊。一件落着と思いきや死神登場ですか…

【2010/03/28 21:44】 | コミックス
トラックバック(0) |
鈴木ジュリエッタ/花とゆめコミックス

c_743.jpg

前向き そして レベルアップ?
お神楽は無事に奉納できたみたいですが、妖しいのがお面を買っていきましたねぇ…

【2010/03/28 18:46】 | コミックス
トラックバック(0) |
冬目 景/幻冬舎コミックス

c_741.jpg

発症そして退学
 
悲劇が忍び寄る感じが怖いですねぇ

【2010/03/28 18:41】 | コミックス
トラックバック(0) |
グレッグ・イーガン/山岸 真ほか/河出書房新社

b_575.jpg

この作者は長編だとちょっとくどい感じがしますが、短編だとアイデア勝負なので読みやすいかなとか。
SFばかりでなくホラーも入っているので、異色短編集ということなのでしょう。
個人的には、表題作や「銀炎」より「要塞」の方が作者らしく感じ、しかもちょっと怖いので好みですね。

【2010/03/28 18:37】 | SF
トラックバック(0) |
アンナ・カヴァン/山田 和子/バジリコ

b_574.jpg

サンリオ文庫版も何処かにあるはずだが、読まないうちに新訳版が出てしまったので、購入して読了。

いや、面白くないとかじゃなくて、読んでも歯が立たない作品でした。ぼやっとしたイメージとしては判りますが、内部に踏み込めないというか、構造が判らないというか。何しろ登場人物に共感できないしねぇ…まずはオールディスのイントロダクションと訳者の解説を読んでから、読んだ方が良いかも。少なくとも私は一度挫折して、そこから再挑戦で読了しましたので。

【2010/03/22 17:47】 | 怪奇と幻想
トラックバック(0) |
蜂飼 耳/白水社

b_573.jpg

某大型書店で購入。これも都会ならではの恩恵でしょうか。

新聞等の書評やコラム等々を集めた本ですが、やはりどれを読んでも独特な語り口というか、リズムが素敵です。

【2010/03/22 17:38】 | 一般
トラックバック(0) |
塚本 哲也/文藝春秋

b_572.jpg

読了後、即売却。衝動買いは失敗の元ですね。せめて最初の数頁でも読んでからにすれば、こんな失敗はしなかったのに…

悪文に何度も挫折しかかりながら読了しましたが、この人、本当に新聞記者なのかと思う程に酷いですね…奥付みるとM新聞なんで、ああやっぱり、という気もしますけど。それに、文藝春秋社とも思えない様な誤植が何ヶ所も、ありました…こういうのは(単純なだけに)イライラしますね。

似たようなエピソードを何度も垂れ流したり、突然不要としか思えない個人的エピソードが出てきたり(欧州帰りですか、そうですか、自慢なんですね)、どうして読売で絶賛されていたのか全く理解できません。


追記を閉じる▲

【2010/03/22 17:31】 | 歴史・人文
トラックバック(0) |
大場つぐみ・小畑 健/ジャンプコミックス

c_740.jpg

(マンガの中の)新編集担当がダメすぎる所為か話が面白くないし、大学行く意味が全くないし(まぁ、腰が据わってないということを示す意味があるのかもですが)、恋愛パートも滅茶苦茶だし…結局、コミックス購入を挫折しました。既に売却済です。

【2010/03/22 17:13】 | コミックス
トラックバック(0) |