蜂飼 耳/毎日新聞社

b_564.jpg

あちらこちらのエッセイや書評などの短文集。

しかし、まぎれもなく蜂飼耳の作品ですね…特に書評については、どれも一級品かと。こういう風に紹介できれば素晴らしいですけど、この言語感覚は真似できる様なモノではありませんしねぇ。

【2009/03/24 23:16】 | その他
トラックバック(0) |
大竹 聡/産業編集センター

b_563.jpg

いや、飲み過ぎですよ。

しかし、紹介されているお店のどれも魅力的な事よ。

【2009/03/24 23:11】 | ノンフィクション
トラックバック(0) |
冬目 景/アフタヌーンKC

c_666.jpg

やっと1巻が出ました。やれ嬉しや。

ちょっと怪奇だけどユーモラスな設定が、絵と相まって大変魅力的な作品です…このまま順調に行けば良いんですけど。
しかし、なんで帯に高荷義之が、と思っていたら、なんと登場人物の一人のモデルなんだそうで。

【2009/03/24 23:06】 | コミックス
トラックバック(0) |
松井優征/ジャンプコミックス

c_661.jpg

釣り大会(笑)の話と前後して5人目の登場。
犯人の名前を目次に隠す意味合いがほとんど無いんですが、これもまた読者サービスの一環ですかね


【2009/03/24 22:54】 | コミックス
トラックバック(0) |
c_660.jpg

無事終了しました。

【2009/03/24 22:38】 | コミックス
トラックバック(0) |
ほったゆみ、小畑 健/集英社

c_664.jpg
c_665.jpg

囲碁部の話も良いですが、やはりネット碁の描写が素晴らしいです。

【2009/03/24 22:35】 | コミックス
トラックバック(0) |
レンタルDVDにて視聴

いくらなんでも天才過ぎるのではとか。
それでも曲を生み出していくシーンは、良かったですね。

【2009/03/24 22:30】 | 映画・テレビなど
トラックバック(0) |
松岡 正剛/平凡社新書

なるほど漢字は国字。即ち、日本語なのですね…

それはともかく、白川氏の業績の一端でも知りたいと思って購入したのですが、どうもこう、読んでいて首を傾げてしまう表現というか言葉使いというかリズムというかがあって、個人的に受け付けませんでした。「ガイドブック」としての善し悪しは、別のものなので、あくまで個人的感想ではあります。

【2009/03/15 22:14】 | 歴史・人文
トラックバック(0) |