篠原 千絵/フラワーコミックス

c_610.jpg


本領発揮

でも、やっぱり猫が描きたいだけなんでわ(^^;

【2008/06/26 23:07】 | コミックス
トラックバック(0) |
鬼頭 莫宏/IKKIコミックス

c_609.jpg


前にも増して鬼畜な戦闘が。

しかし、今回はギリギリでしたね…

【2008/06/26 23:02】 | コミックス
トラックバック(0) |
植芝理一/アフタヌーンKC

c_608.jpg


「主人公の友人の彼女」の腹黒さに吃驚。いや、このくらいはフツウなのかもしれませんが。

【2008/06/26 22:54】 | コミックス
トラックバック(0) |
山名沢湖/アクションコミックス

c_607.jpg


いろいろ暴走。ま、面白いんで良いけど(をい

しかし本物に会える日がくるのだろうか…そうなったら、失神しそうだけど

【2008/06/26 22:49】 | コミックス
トラックバック(0) |
三原ミツカズ/Feelコミックス

c_606.jpg


こういう風に「繋がる」とは。

【2008/06/26 22:43】 | コミックス
トラックバック(0) |
三原ミツカズ/眠れぬ夜の奇妙な話コミックス

c_605.jpg


じわじわと「毒」の影響が…

【2008/06/26 22:39】 | コミックス
トラックバック(0) |
伊藤 盡/青春出版社

b_549.jpg


『指輪物語』の根本を成す「エルフの言葉」の解説などなど。やはり、物語研究のためには欠かせないのでしょう…とはいえ、およそ実用的でない書籍ではありますが、趣味の読書ってそういうものなのでは。
 
「エルフの言葉」と「闇のものどもの言葉」を対比させたあたりの解説を読むと、言霊などと言う的はずれなことを連想します…もちろん、現実の言語には優劣など有るはずも無いのですが(殊更にそれを叫ぶ輩もいるようですが、そういうのは胡散臭いというかトンデモって奴でしょう)、聞いて美しいかそうでないかというのは、やはりあると思います。
 


追記を閉じる▲

【2008/06/26 22:32】 | 剣と魔法
トラックバック(0) |
紀田順一郎/松籟社

b_548.jpg


購入してからかなり時間が経ってから読了。
あのアンソロジーやこの叢書の裏には、斯様な理由が有ったのですね…

【2008/06/26 22:06】 | 怪奇と幻想
トラックバック(0) |
小川原 正道 /中公新書

b_547.jpg


西南戦争全体を扱った本を読みたかったので、購入。
おそらく、現在手に入る中では決定版なのではと思います。

戦史を読むには地図が必要だということを痛感しました。

【2008/06/26 22:02】 | 歴史・人文
トラックバック(0) |
半藤一利ほか/文春新書

b_546.jpg


読んでいるほどに哀しさと情けなさが…まぁ名将と言うべき方もおられましたが、そういう方は追いやられていくのですねぇ…

【2008/06/26 21:52】 | 歴史・人文
トラックバック(0) |
林 信吾/ちくま文庫

p_562.jpg


戦後教育の賜かサヨク的呪縛からは完全には自由になっていないようです。残念。

その所為かどうか、違和感を感じてましたので、これはそのまま某古書店行です。

【2008/06/26 21:49】 | 歴史・人文
トラックバック(0) |
長野まゆみ/河出文庫

p_561.jpg


ようやく、ここまで読了。
とびとびに読むと、種族の別がわかりません…まぁ、ファンサイトでも見に行けば良いのだろうとは思いますが。

【2008/06/26 21:39】 | 怪奇と幻想
トラックバック(0) |
斉藤由香/新潮文庫

p_560.jpg


週刊誌連載のエッセイの文庫化。良くも悪くもお嬢様ですな。


しかし(謙遜してても)、文才というものはあるのですね…

【2008/06/25 23:35】 | その他
トラックバック(0) |
サミュエル・R・ディレーニィ/岡部 宏之/ハヤカワSF

p_559.jpg


友人より譲っていただいたので、何年かぶりに再読。

良い作品はいつまでたっても面白く読めますね。
言葉によって思考は制限されるのかどうかは、実際には単純に言えないでしょう。

しかし、例えば話し言葉と書き文字が噛み合わない様な言語があったとしたら、それが論理的な思考を産み出せるのかどうかは、個人的には疑問です。(非常に人工的な文字体系が想像されますが、「それ」は、人間の多様な文化において発達してきた「文字」や「機能美」からはかけ離れた異様さを見る者に与えるのではないでしょうか…いうなれば非常にエイリアン(異質)なモノとして…)


追記を閉じる▲

【2008/06/25 23:30】 | SF
トラックバック(0) |
横溝正史/光文社時代小説文庫

p_558.jpg


書棚を整理していたら出てきましたので、読んでみました。
まぁ、ちょっと好みでは無いかもですね…

【2008/06/25 23:17】 | ミステリー
トラックバック(0) |
サラ・ウォーターズ/中村有希/創元推理文庫

p_557.jpg


今まで以上に、ゲイ(レズビアン)文学の傾向が前面に出ています。
その所為かどうか、ちょっと読みづらかったところはありますね。


しかし、戦争のこんな時期まで爆撃機で空襲されてましたっけ?

【2008/06/25 23:09】 | ミステリー
トラックバック(0) |
鈴木ジュリエッタ/花とゆめコミックス

c_603.jpg


やはりクリス10号の話ですかね。

【2008/06/25 22:04】 | コミックス
トラックバック(0) |
小原 愼司 /アフタヌーンKC

c_602.jpg


驚天動地の展開からラストへ。
オバケ好きの面目躍如ってとこかな。

【2008/06/25 00:35】 | コミックス
トラックバック(0) |
e_515.jpg


桜を眺めつつ日光菩薩、月光菩薩を拝観。

斜め後ろから見あげると、西洋古典彫刻を連想させるものがありました。
とはいえ、やはり単純に芸術作品という捉え方はできなかったので、勿論きちんと拝んでからですが。

【2008/06/25 00:30】 | 展示会・演劇など
トラックバック(0) |
e_514.jpg


妖怪の総本山。なかなか面白かったんですが、商業ベースというか俗化というかが進んでしまうのは、興ざめですねぇ。

【2008/06/25 00:24】 | 展示会・演劇など
トラックバック(0) |
m_513.jpg


ウサギは猛獣です。

 
もちろん最初は日本語吹き替え版を視聴。ううむ、素晴らしい…

【2008/06/25 00:16】 | 映画・テレビなど
トラックバック(0) |
m_512.jpg


モノクロの映像と抑えた語り口が「宗教革命」の怖さを教えてくれます。全体主義は恐ろしきかな。

【2008/06/24 23:06】 | 映画・テレビなど
トラックバック(0) |
弓きいろ/有川 浩/花とゆめコミックス

c_611.jpg


堂上教官美化されすぎなんじゃないかとか…まあ元が元ですからね。

【2008/06/10 01:08】 | コミックス
トラックバック(0) |