水と油/東京グローブ座

普段、演劇には冥王星よりも遠く離れている生活なのですが、かなり以前にTVで紹介されていたのを見て以来、一度は見たいと思っていたのがこの「水と油」というグループでした。そして念願かなって見にいったのですが…

いやもう、見終わってこんなに懸命に拍手をしたのは(音楽鑑賞とか演劇とか含めて)初めてじゃないかと思うくらい面白かったですね。是はあくまで主観ですが、まるでルネ・マグリットの登場人物がキリコの都市の中で動いているような、シュールでブラックでユーモラスな舞台…「ダンスでもマイムでもない」し一切の台詞もないので、その分想像力が必要かもしれません。SFやFT好きと言うよりも、幻想文学やシュールレアリズムに興味のある人だったら、絶対に面白いと言ってくれるような気がします。(言いすぎ?)

個人的に残念だったのは、舞台に近すぎる席しか取れなかったこと。もう少し後ろか、二階席から全体を俯瞰してみたほうが、もっと面白かったかもしれません。あと、ロシアン・ティーの部分は予想通りの結末でしたが、こういうのはお約束だからこそ安心できるかも。
サイトはこちら→http://www.mizutoabura.com/


e_02.jpg


【2005/05/29 22:01】 | 展示会・演劇など
トラックバック(0) |
明智 抄/ソノラマコミック文庫

復刊してたのを知らずに、書店で発見して購入。ネット書店も良いですが、こういうこともあるのでね。ちなみに、白泉社版では収録されていなかった分も含め、全5巻で今秋まで発刊されるそうな。

ギャグなんだけど結構シビアな視点が素敵です。やっぱ、小鳥さんかなとか。

c_12a.jpg


【2005/05/29 21:23】 | コミックス
トラックバック(0) |
シオドア・スタージョン/大村美根子/創元SF文庫

「愛」の作家、スタージョンの短編集。なるほど、「そして、ここにイーゼルに」は時系列だけではなく内容的にも、最初に持ってきてるんですね。収録作では「フレミス伯父さん」なんかユーモラスで良いかな。
あとは「茶色の靴」の(昔ながらのSF的道具立てではあるけど)、原理主義との対比とか。

P24a.jpg


【2005/05/29 18:35】 | SF
トラックバック(0) |
ロード・ダンセイニ/中野善夫ほか/河出文庫

通勤電車の中で読む本では、なかったですね。黄昏の世界から、切り離されるのがこんなに苦痛とは…これはもう良い音楽と馥郁たる香りを放つブランデーを共に読むべきものか。いやまぁ。

予想だにしない結末や、(文字通り)人を食った話などに加え、只の法螺話としか思えないものもあり、幅広い作品を楽しめました。ちょっと変わった趣で面白かったのは「不幸交換商会」。しかし、いずれの作品も甲乙つけがたいのは間違いありません。

p_23.jpg


【2005/05/23 23:21】 | 怪奇と幻想
トラックバック(0) |
主催:国立西洋美術館、読売新聞社
会期末が来週ということなので、急遽予定変更。

時代が時代なので(ここで30年戦争に心惹かれる様では、絵画鑑賞の資格がないかも)、まずは宗教画から。暗喩や寓意など詳しい所は別にして、光と陰の素晴らしい対比などを堪能。他には「犬を連れたヴィエル弾き」などかな。
私でも知っている「ダイヤのエースを持ついかさま師」は最後でしたが、展示では宗教画のイメージが強い所為か、逆に異質な感じを受けてしまいました。いやまぁ、作品自体は非常に面白い(適切ではないかもしれない)のですけどね。

e_01.jpg


【2005/05/23 01:45】 | 展示会・演劇など
トラックバック(0) |
監督 リドリー・スコット

何もかもが中途半端で、いったい何がしたいのかさっぱりわかりません。確かに金はかかってる様ですが…まぁ、主演の人やその父親役の人を目当に行くのであれば、可なんでしょう。

m_01.jpg


【2005/05/15 22:19】 | 映画・テレビなど
トラックバック(3) |


霏々剌々
実は縦書きで(^^;

白い余白に
carina
伏せ字? とか勘ぐっちゃったわ(笑)

コメントを閉じる▲
予告編とTVでの紹介だけで、書いちゃうのはアレですが。

銀の三角    1/4
ふり出しに戻る 1/4
バーボンウィスキー 2/4
レッドチェリー(カクテルピン) 1個

カクテルグラス(ショート)・ステア


検討の結果、レンタルでOKという結論に達しています。
後で実際に見たら、追記するかも。
桃色三角 1tsp を忘れずに!


追記を閉じる▲

【2005/05/15 20:49】 | 映画・テレビなど
トラックバック(0) |
倉橋由美子/新潮文庫

改版により再読。デビュー作たる表題作が、やはり一番かな。
ちなみに、どの作品も時代風景を割り引かないと、ちょっとつらいかもしれません。ただし、その部分は本質ではない様ですが。

p_22.jpg


【2005/05/14 22:44】 | その他
トラックバック(0) |
佐藤大輔/徳間文庫

初号弾実験成功で、ここまで。しかし、例のごとくだがこの作家の「仮想」の最たる所は、歴史でも兵器でもないところだと思うんですが、そういう分析は不毛ですね。たぶん。

既刊分は文庫化が終了しましたが、この先書く気があるのやら。

p_19.jpg


【2005/05/07 01:50】 | その他
トラックバック(0) |
長野まゆみ/光文社文庫

とりあえず怪奇と幻想なので。しかし、こうじゃないと正直辛いモノが…月で猫でこういう固有名詞が楽しめない人には、向かない小品でしょう。たぶん。

p_20.jpg


【2005/05/07 01:43】 | 怪奇と幻想
トラックバック(0) |
佐藤大輔/徳間文庫

図演から奇襲まで。ちょっとくどいというか、間延びしているというか。

p_21.jpg


【2005/05/06 22:35】 | その他
トラックバック(0) |
篠原千絵/フラワーコミックス

能力者は、一人じゃなかったということですが、このパターンは大丈夫かなぁ…

c_11.jpg


【2005/05/06 22:23】 | コミックス
トラックバック(0) |