FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケル・コーニィー/山岸 真/河出文庫

ハローサマー・グッドバイの続編というか未来編というか。

やっぱりボーイ・ミーツ・ガールなんですが、ミステリ風味なところが読み進めるかな。とはいえ、いきなり風呂敷が広がった感があるので、それはちょっと、というのも正直なところです。
スポンサーサイト

【2018/08/27 21:23】 | SF
トラックバック(0) |
アンディ・ウィアー/小野田和子/ハヤカワ文庫SF

古き良き懐かしきアメリカの香り漂う作品。
(解説にもあるように)コメディタッチな西部劇風味をまぶしたハリウッド製SF映画を見るように、一気に読み切るのが吉かと。

【2018/03/03 11:14】 | SF
トラックバック(0) |
谷 甲州/早川書房

新刊で買ったはずなのに、文庫版が出てしまいました。まる。

第二次外惑星動乱前夜から開戦まで。航空宇宙軍側が圧倒的優位だった第一次に比べ、(少なくとも)兵器や戦術面では外惑星連合側が優位に立っている様ですが、さてどうなるのか…。

【2017/09/17 12:43】 | SF
トラックバック(0) |
ジョン・スコルジー/内田 昌之/ハヤカワSF文庫

竜頭蛇尾というか、蛇足というか。前半は凄く面白かったんですがね。

【2017/09/02 10:01】 | SF
トラックバック(0) |
コードウェイナー・スミス/伊藤 典夫ほか/ハヤカワSF文庫

発行されないんじゃ無いかと心配になりましたが、無事に読めて本当に良かった…なんとなく退廃というか、そういう感じがしますが、やはりキリスト教的な雰囲気があるのが気になるのかも。

【2017/09/02 09:57】 | SF
トラックバック(0) |
谷 甲州/ハヤカワSF文庫

ようやく全編読了したので、まとめて記載。ほぼ読んでいるんですが、それでも再読。
しかし、これだけあると圧巻ですね…それにCB-8の「秘密」を知ってびっくり。

でもやっぱり「仮装巡洋艦バシリスク」を最初に読んだ時の感動は忘れがたいかと。

【2017/09/02 09:49】 | SF
トラックバック(0) |
ジャック・ヴァンス/浅倉久志、白石朗 /国書刊行会

とりあえず無事に三冊とも刊行できて、良かった。
表題作は、ヴァンスらしい異世界描写の楽しめるドタバタでした。

【2017/07/16 14:02】 | SF
トラックバック(0) |
ルイス・パジェットほか/伊藤典夫訳・高橋良平編/ハヤカワSF文庫

伊藤典夫翻訳SF傑作選。
なんというかこう、興味の無い骨董の茶器類を眺めているような、そんな感じでした。いやまぁ傑作なんだとは思いますが…。

【2017/05/27 17:21】 | SF
トラックバック(0) |
ロバート・F・ヤング/小尾芙佐ほか/ハヤカワSF文庫

いくらなんでも甘過ぎ。それに、なんとも男性的なというか、まぁ、この時代なら仕方ないかも。
「真鍮の都」は面白かったですね…ラストを除けばですが。

【2017/04/22 17:37】 | SF
トラックバック(0) |
バリントン・J・ベイリー/大森 望、中村 融/ハヤカワSF文庫

往年のSFらしい短編集。やはり賞を取ったという「蟹」の話が一番面白かったですね。

【2017/04/08 17:25】 | SF
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。