カレン・ラッセル/松田青子/河出書房新書

なんとも奇妙な短編集。訳者あとがきにある「10個のスノードーム」という例えが、実に秀逸ですね。

良い小説だとは思いますが、面白いかといわれると微妙かも…。

【2017/06/11 10:50】 | 一般
トラックバック(0) |
サキ/井伊順彦、今村盾夫ほか/風濤社

第一短編集の本邦初訳。なるほど初訳であるのは理由があるわけでした。

【2017/05/27 17:16】 | 一般
トラックバック(0) |
倉橋 由美子/新潮文庫

何年かぶりの再読。上質の日本酒かお茶の様な味わいでした。

【2017/05/13 16:24】 | 一般
トラックバック(0) |
倉橋 由美子/小池真理子選/文藝春秋社

60年代的な流行から遠いにもかかわらず、祭り上げられていたとのことですが、まぁ、毒を吐かれて居た対象(人達)が理解できなかったんだから…しかも今も変わらずというか、時代を先取りしていた のではなく 対象が進歩していない どころか 退化している のだから、どうしようも無いですねぇ。

とりあえず完全版の作品集を希望。もちろん作品は旧かなで。

【2017/03/18 19:46】 | 一般
トラックバック(0) |
佐藤亜紀/講談社

著者の考える小説の典型かも。
債権のシステムはさっぱりわかりませんでしたが、軽く楽しんで読めたのでOKです。

【2016/10/30 15:08】 | 一般
トラックバック(0) |
蜂飼耳 訳/光文社古典新訳文庫

現代語訳がこの訳者で無ければ、買わなかったでしょう。
巡る季節を背景にしたアンソロジーだったとは。

【2016/01/24 21:46】 | 一般
トラックバック(0) |
R・マッキンリィ/藤井 喜美枝/扶桑社ミステリー文庫

あの「青い剣」の作者だから、と思って買いましたが、わずか3ページで挫折。
合わないものは仕方ない。

【2015/02/28 15:11】 | 一般
トラックバック(0) |
蜂飼 耳/岩波書店

雑誌に掲載されていた、書評というよりも書の内容とリンクしたエッセイ。かな。

どうしても(やっぱり?)詩の本が多いですが、この独特のリズムというか文体が心地よいです。

【2015/02/28 14:50】 | 一般
トラックバック(0) |
蜂飼 耳/毎日新聞社

出ていたのを知らず、某通販書店で購入。
ちょっと独特な文章のリズムが心地よい逸品。

【2014/12/30 22:42】 | 一般
トラックバック(0) |
長野まゆみ/河出文庫

p_624.jpg

懐かしい東京の記憶。
70年代少女マンガを連想したり

【2010/09/25 17:30】 | 一般
トラックバック(0) |