猫宮 黒埜/東京図書出版

おそらくは著者の方のblogを本にしたと思うのですが、blogそのままらしく、本としてみるとかなり疑問点が。

全体構成にしても、用語にしても、焦点である技術的な解説にしても、これではちょっと…プロの編集者の手が入って無いのでしょう。非常に残念な一冊になってしまいました。

blogならばリンク先あるいは自力で検索した動画で詳しく見ることもできますが、本であれば尚更写真なりイラストなりで解説してあげないと折角の題材が生きないですよね。blogを見ると良く判りますが、取り上げられている題材はかなり重要で深刻なものなんですが…説得力が無くなってしまうんですよねぇ。

ソチ・オリンピック期間でもあることですし、是非各種動画等を参考に、著者のblogを見ながら日本選手を応援したいですね。

【2014/02/08 16:51】 | ノンフィクション
トラックバック(0) |
宮嶋 茂樹/祥伝社黄金文庫

p_627.jpg

p_626.jpg

イラク戦争およびその後。M1戦車の砲撃の話とか橋田氏との話とか。

【2011/03/28 20:44】 | ノンフィクション
トラックバック(0) |
ローワン・ジェイコブセン/中里 京子/文藝春秋

原題は、「沈黙の春」に対する「実り無き秋」という事なのかも。

複合要因によるハチの大量死は、農業経済への被害をもたらすだけではなく、
後戻りの出来ない自然破壊のラインがすぐそこまで迫ってきていることを知らせるサインでもあるということかも知れません。

ぎりぎりのところで踏みとどまることが出来るか否か…それは、誇張ではなく、今後の人類の生存可能性に直結するのではないでしょうか?

【2009/11/10 22:32】 | ノンフィクション
トラックバック(0) |
佐藤亜紀/ちくま文庫

p_592.jpg

単行本刊行後の数編も含めての文庫化。
正直、現在の状況にはそぐわないところはあるにせよ、やはり抱腹絶倒(かなり歪んだ笑いの様な気もするけど)の欧州旅行の裏ガイドです。特にタクシー編とかね。

あとは、語学編とか。スロヴァキアでのエピソードは驚倒モノ。

【2009/07/26 20:20】 | ノンフィクション
トラックバック(0) |
ラリー・カハナー/小林宏明/学研

b_565.jpg

銃そのものや、カラシニコフ氏本人については、既に優れた本が出ていますが、これは社会的な影響を主に取り扱っています。
それにしても、頑丈で安くて良いものであるんですが、車やカメラではない故の問題がなんとも哀しいですねぇ。

某常任理事国などは、銃本体ももちろん銃弾も生産・輸出することによって莫大な利益と悲惨な状況を作り出している訳ですが(そして地下資源や国際的な覇権を確保しつつある)、そういう事は良心的あるいは進歩的な(笑)マスコミは報道しないんですよね。

M16だってAK47だって、兵器に変わりはないんですが…

【2009/05/17 13:34】 | ノンフィクション
トラックバック(0) |
高山俊吉/講談社+α文庫

p_586.jpg

右からは左の謀略と誹られ、左からは右の暴挙と罵られるこの悪法は、結局の所どこかの秀才官僚クンの、欧米のマネをすればそれで良し的な思いつきなんでしょう。それこそ一般常識の欠如の招く悲劇としか言い様が無い気がします…ここで、現政権が思い切って休止を決めれば、それだけで支持率は倍増するんじゃないかな。




それにしても、印象操作と事実誤認と独善と牽強付会のオンパレード。読んでいて吐き気がする本ってそんなに無いんだけど、これに関しては気分が悪くなり本当に吐いちゃったですよorz。
とにかく、思いっきり左なヒトの叫びが詰まっているんですが、それでも裁判員制度が如何に馬鹿馬鹿しいモノなのかについてはわかります。
 
「裁判員制度」ってのは、てっきり「良識派市民団体」やら「反日宗教団体」が、「非日本人の人権擁護法」や「特定亜細亜人の参政権」とセットで進めている、「日本解体運動」の一環だとばかり思っていたんですが、これを読む限りではそうでも無いようですねぇ…だいたい、今どき裁判員を引き受けても良い余裕のある人など限られてくるから、結局、真っ当に仕事してない様な不可解な団体の連中ばかりが集まってしまうのではと、恐れているんですけどね…

あと、議員やら警察官やらは裁判員になれないらしいですが、もし、テレビ等で顔がよく知られている芸能人が選ばれたら、どうなるんですかね…公表はできないけど裁判が始まったら、たちまちマスゴミが食い付いてくるでしょう? 選考手続きで、そういう人は除外ですか? 有名人は免除されるって、本当に某国の徴兵制みたいですよ…


追記を閉じる▲

【2009/04/19 18:42】 | ノンフィクション
トラックバック(0) |
大竹 聡/産業編集センター

b_563.jpg

いや、飲み過ぎですよ。

しかし、紹介されているお店のどれも魅力的な事よ。

【2009/03/24 23:11】 | ノンフィクション
トラックバック(0) |
(内容は後日記載)

【2009/02/09 23:30】 | ノンフィクション
トラックバック(0) |
マーチン・ファン・クレフェルト/佐藤佐三郎/中公文庫

p_580.jpg

戦争には欠かせない補給について。ナポレオンからパットンまでの事例の解説は素晴らしいですが1429円(税別)というのは文庫としては如何なものか。

あと、訳者は経済関係の方らしいので、どうも軍事関連の訳語に違和感があります…

【2008/11/09 23:17】 | ノンフィクション
トラックバック(0) |
日本テレビ『報道特捜プロジェクト』/新潮文庫

p_578.jpg

報道番組の文庫化。未公開分の記事や「イマイ」記者のコメントも載っています。それにしても、架空請求をする連中は突っ込まれると案外脆いのですねぇ…もっともこれは、テレビ局(というかプロジェクトチーム)のバックアップがあってこその取材というか攻撃というかであって、個人レベルでは真似できませんね。せいぜい、無視するくらいですか。

今後取材手法は変えるとのことですが(さすがに相手にも知れ渡ったらしい)、悪徳業者への追求は続けて欲しいものです

【2008/10/13 23:35】 | ノンフィクション
トラックバック(0) |